どのような学習法を選ぶにしても、簿記検定試験を受ける日は、必ず緊張感を伴うものです。 特に、日商簿記1級、全経簿記上級レベルの簿記検定試験は、合格率がかなり低いので、緊張するなという方が、きっと無理なのでしょう。 そのため、試験前日から当日にかけては、いかにリラックスできる環境を整えるかが、かなり重要になってくるのです。

そのために、それまでに完全な形で学習を終え、最終日となる試験前日は、もう何もすることがない、最終チェックのみの形で迎えることが大切なのです。 簿記検定試験の学習期間は、日商簿記3級レベルで2ヶ月、2級レベルで4ヶ月、1級で6ヶ月が必要だと言われているのです。 個人差があり、必ずしもこの学習期間で合格できる知識が身に付くわけではないのですが、この期間を目安に、自分が受ける試験の日程を選んで、余裕を持ち試験に臨めるようにすれば、試験前日まで慌てる必要はないですね。

試験前日には、最終チェックの意味も含めて、試験の予行練習となる模擬試験をやれば効果的になります。 これだけをするのが、一番良いですよね。 試験は、問題集に付属している物、専門学校や通信講座で用意された物なども良いのですが、一番良いのは「自分で作った試験を自分で受ける」方法なのです。 これによって、試験を作る段階、試験を受ける段階の2回の勉強ができるのですよ。 これだけやれば、かなり、リラックスして試験に臨めるはずですね。